「月よみヨガ」ってなあに?

自然を神と崇め古来から親しんできた日本人にとって身近な存在である「月」。

遥か昔から月は満ち欠けを繰り返し現在も私たち現代人、
特に女性のカラダとココロに影響を及ぼしています。

こんな存在である月のリズムを私たちの生活習慣の中に息づかせることで
自然の力を味方につけ女性のカラダとココロをサポートするための知恵、
それが「月よみ」です。

月の満ち欠けは私たちのカラダに働きかけどういうふうに過ごすと心地いいのか教えてくれます。

たとえば新月から上弦の月までの期間、カラダは「浄化」や「デトックス」に最適。
この期間は「肺」に月のエネルギーが入りやすいのでメリハリのある呼吸を続けると
自律神経のバランスがよくなりしっかりした呼吸を行うとダイエット効果も促進!

上弦の月から満月までは、カラダは栄養を吸収して蓄えたい。
「肝臓」に月のエネルギーが入りやすいので睡眠をたっぷりとって肝臓を休ませ
疲弊した肝臓の働きを復活させるべく、肋骨を開放するような動きが大切。

満月から下弦の月までは蓄えてきたものをみんなに分け与えたい、という欲求が芽生えるとき。
「心臓」に月のエネルギーが入りやすいので自分の鼓動を確認してみる。
心臓が弱って血液循環が悪くなると余分な水分が組織にたまりむくみやすくなる。

下弦の月から新月、月は欠けて姿を失くしていく「排泄力」のサイン。
「腎臓」に月のエネルギーが入りやすいので、良質なミネラルである水分をとって排出を促そう。
腎臓が弱ると血液中の老廃物が排出されずイオンバランスが悪くなり水太りしやすくなる。

月よみヨガは自然の力をカラダにしっかり取り込み
月の満ち欠けに合わせて心地いいカラダとココロをつくっていくヨガ。

「月よみヨガ」でカラダもココロもシンプルに毎日を心地よく過ごしましょう。