暑い夏こそ冷え対策!

暑い日が続いています、岩国市。

ヨガ教室の生徒さんも「暑い~」を連発して教室に来られるので
「暑い!」って言ったら罰金をとることにしました(笑)

「暑くて食欲がないのにちっともやせない。ワタシって水を飲んでも空気を吸っても太るの~」
という方が増えるのもこの時期。

空気を吸っても太る、は言い過ぎでしょうが水を飲んでも太る、はありえると思います。

食べていないのに太る、やせないっていう方に「水分はとっていますか?」
と聞くと、皆さん、「とっている」と答えます。

しかーし、その水分はキンキンに冷えたお水やお茶、ジュース、ビール!

はい、これではカラダが冷えてしまいます。

夏場は暑いのでカラダも温かいと勘違いしやすいのですが夏は冬よりもカラダは冷え冷えになっている人、多し。

カラダが冷えると血液循環は悪くなり代謝は落ち脂肪は落ちません。

食べる量を減らしても冷えているならば体質的にはやせにくくなってしまうんです。

冷えているかどうかわからない、という方はお腹やお尻、太ももを触ってみてください。

あれ、ひんやりしている、と感じた方は冷えています。

お腹やお尻、太ももは皆が気にするところですが意外と自分で触る人は少ないです。

脂肪がつきやすいところでもあるので出来れば、目をそらしたい、という心理が働いているのかも。

でも冷えているからこそ脂肪ちゃんは「アナタ」を温めようと冷えたところに集まってきてくれているんですよ。

この脂肪がいらないのならば「邪魔なんだよ」と思わずに、まず、「温めようとしてくれてありがとう。」と感謝して「でも、自分で温めるからもう大丈夫。安心してね。」と手放しましょう。

カラダを温めるには日常習慣から気をつけるのが一番。

まず、氷入りの飲み物はパスしましょう。できたら常温以上の飲み物を!

そして、お風呂はシャワーで済ませずゆっくり湯船に浸かりましょう。
自律神経も整って眠りも深くなりますよ。

あとは、筋肉をつけれればいいですね。
意識して骨盤を立て深い呼吸をする、歩くときにお尻の穴を締める、下腹に力をいれてみる、
これくらいでも、筋肉ってついてくるものです。

なんかだるい、とかやる気がおきない、カラダが重く感じる、よく眠れない、という方も冷えが原因かもしれません。

夏こそ冷え対策をしっかりすると冬が楽に過ごせますよ。

「冷えてる!」って感じた方は早速今日から冷え対策してみてくださいね。